理事長のコトノハ ■ Vol.14

謝謝!上海!

douke_0919_kotonoha_03.jpg

上海で、たくさんの日本人にお世話になった。
彼女たちがいなかったら、こんなにうまくはいかなかっただろう。
上海の10日間を、こんなに、楽しく過ごせなかっただろう。

彼女たちは、見事に客席を創ってくれた。
子どもに気遣いながら、そして、若いお父さん、お母さん方が安心して観れるように。
次に、お昼ご飯が嬉しかった。
おにぎりと玉子焼き、牛肉のそぼろ煮と対面したときは、絶叫しそうだった。
ご飯が、楽しみでしょうがなかった。

douke_0919_kotonoha.jpg
空き時間のお喋りも、愉快だった。
上海でのご苦労も、きっとあるのだろうけれど…。
それを、楽しみに変えて、暮らしてらっしゃる姿は、カッコイイと思った。
そして、彼女たちを支えていらっしゃる旦那さんたちも、控えめで、立ち居振る舞いが、お洒落だった。
やっぱり、日本男児はこうでなくっちゃ。
篠崎、反省。


douke_0919_kotonoha_02.jpg
そんな彼女たち、彼らたちが、喜んでくださる上演ができたことを幸せだと、思う。
おかげで、上海という街が、好きになった。
改めて、謝謝。

2014年 9月18日
篠崎省吾